作州屋 買取・引取の流れ(個人様向け)
 ここでは、個人様向けの買取・引取の流れについて、まとめさせて頂いております。
 

 ご不要のパソコン、ぜひとも一度作州屋に査定させて頂けませんか?
 どう言った物でも結構ですので、廃棄をお考えになる前にぜひともご検討お願いいたします。
 台数に関わらず査定額が1万円を超える場合は ドコにでも出張いたします!


 買取・引取後に自分のデータが漏洩するのでは?と不安な方も居られると思いますが、
  作州屋では買取った(引取った)物でデータ記録が出来る装置が装備されているものに関しては、
  必ず データ消去処理を行っておりますので、ご安心下さい。

 

買取品目
減額対象となる事例
 ノートパソコン・PDA
 デスクトップパソコン(自作機でもOK)
 モニター(CRT・液晶不問)
 デジカメ・プリンター等の周辺機器
 各種外付けドライブ類(MO・HDD等)
 CPU・メモリ・HDD等のパーツ類
 その他壊れたモノでもOK!
 付属品が欠品している
 (リカバリーディスク・付属のOS・
  ソフト類・マニュアル・ACアダプターなど)
 モニター類の画面にキズがある
 本体の筐体が破損している
 起動しない 
  など

  @まずは電話か、メールにてご連絡下さい。

パソコン買取のお問い合わせ
 




  その際、どういった商品なのかや、出来るだけ詳細な型番等をお教え下さい。
  電話受付時間 平日午前11:00〜午後20:00まで E-Mailは終日受け付けております。
  ※返信はご連絡を頂いてから48時間以内までに致します。
  メールでのお問合せの方は、上記バナーもしくは コチラ でどうぞ。  

 A 上限の査定額をお伝えします。
  商品の提示額はあくまでも上限の金額です。 傷や破損がある場合や、付属品の欠品等が有れば減額対象となります。

 B 引取に伺わせて頂く日時・持ち込まれる日時を決定します。
  予約制ですので、確実な日時を指定して下さい。  

 C 引取日・持込日に商品の状態確認をさせて頂きます。
  商品の起動チェック、状態確認などをさせて頂きます。(これにかかる費用は一切要りません。ご安心下さい。)

  D 提示額と買取規約に納得頂けたら、作州屋に商品をお売り下さい。
  その際、お客様に記入していただく書類(古物営業法に基づく)がございます。
  ご面倒ですが、ご印鑑とお客様の身分を証明できるもの(※1)をご用意下さい。


 ※1「身分を証明できるもの」とは?  
 ・運転免許証  
 ・健康保険証  
 ・パスポート
 ・年金手帳  
 ・学生証  (写真・学校名・学生番号・住所・連絡先の記載のあるもの)  
 ・社員証  (写真・会社名・社員番号・住所・連絡先の記載のあるもの)  
 ・官公庁や特殊法人等の身分証明書  (写真・生年月日の記載のあるもの)  
 ・写真付の住民基本台帳(住基カード)(写真なしのものは不可)
 いずれも期限や資格が有効であるものに限ります。 著しく破損しているものやコピーは不可。

 

 以下が作州屋での買取規約でございます。ご熟読の程お願いいたします。

 @ 買取の際は、必ずお客様の身分を証明できる物※1をお持ち下さい。
  これらの提示が無き場合、一切の買取業務及び内容を無効とします。

 A 受付日に提示させて頂く買取上限金額の有効期間は、当日限りとします。

 B 受付日に提示させて頂く査定額は、あくまでも上限としての金額です。
  したがって付属品の欠品、商品や付属品の汚損、破損、傷及び動作に問題などがある場合は減額対象となります。

 C お預かりした物品に対し、動作確認を行うのに当たってデータなどの消去(ハードディスク等の記憶装置類)
  及び設定の初期化を行います。これによるデータの消失に関して弊社は一切の責任を負いません。
  また、動作確認作業は細心の注意をはらって行いますが、万一不慮の事故による、
  お預かりした物品の破損が起こった場合も弊社は一切の責任は負いません。

 D 動作確認作業終了後の物品は一週間以上お預かりは出来ません。
  万一受付日より七ヶ月を経過してもお客様がお預かりしている物品、
  またはその代金を受け取りに来られない場合や、振込先のご指定を頂けない場合は所有権を放棄したものとみなし、
  民法239条第1項(無主動産の所有権取得)により弊社において処分させて頂きます。

 E 弊社よりお客様に代金をお支払いした時点で本契約は終了とします。
  同時に買取に同意して頂いた物品の財産所有権は弊社に移行するものとします。

 F 振込手数料は、お客様負担でお願いいたします。

 



戻る